敏感肌の美白方法とは?

敏感肌の美白方法とは?

敏感肌にはそれ専用のコスメを使うのが大切ですが、やはり年齢を重ねてくると美白もしたくなります。

敏感肌でも美白はしたい、そんなアイテムどこにある?


gtajkh

敏感肌とは、季節の変わり目などに肌がピリピリしたりヒリヒリしたり、少しかぶれただけなのにそれが広がったりして、大変な目に合っています。

しかも新しい化粧水を試したくてもなかなか肌に合うものが見つからず、いつも同じ敏感肌専用の化粧水ばかり・・・。

エイジングケアもしたいのに、年齢相応のこっくりしたクリームなど塗りたいのに、それもできない敏感肌。

そんな敏感肌でもどうしても行いたいのが美白です。美白は、実は化粧品の中でも刺激が強いほうだと言われています。

なぜならビタミンC誘導体というものが配合されており、それが美白の元となっているのですが、刺激があるので、敏感肌には使えない、とされてきたのです。

美白化粧品は刺激が強いものが多い

しかし敏感肌の女性でもアンチエイジングはしたい、美白はしたい、と思うのが女性ならでは。敏感肌でも美白ケアはできるのでしょうか?

実は通販専用のアイテムで、アヤナスというブランドがあります。このブランドのアイテムは、敏感肌の女性でもスッキリ使うことができる、エイジングケアもできるアイテムとなっています。

ポーラオルビスのブランドなので、かなり信用できるものだと言えます。美白、アンチエイジングともにできるようですから、もしあなたが敏感肌でどんなエイジングケアアイテムも使えない、美白もしたいけれど美白化粧品が使えないと悩んでいるのなら、一度アヤナスを試してみるとよいでしょう。

しっとりした触感、もっちりした感触、そして滑らかさ。しっかり美白もできますからオススメです。

効果的な食べ物ってあるの?

敏感肌に効果的な食べ物・・・と聞いてもイマイチピンときませんね。オススメ食材をチェックしてみましょう。

インナーケアで敏感肌を少しでも普通肌に近づけることができれば、市販の美白化粧品も使えるようになるかもしれません。食事は毎日3食とるものですから、いつしかそれがパワーとなってくれるでしょう。

まず、保水力アップのためにビタミンAやビタミンEを含む食品を多く摂るようにしましょう。ビタミンAは皮膚、粘膜に必ず必要なビタミンで、潤いのもととも言われていますから、水分量が足りない敏感肌のお肌にはうってつけです。

特にたんぱく質と一緒に摂取すると吸収が良くなると言われていますから、試してみましょう。

igfgsadfch

ビタミンAとビタミンEをしっかり摂って細胞分裂をサポートする

ビタミンAは鶏肉、豚肉、レバーやうなぎ、ホウレン草やニンジン、ブロッコリー、オクラなどが代表的な食材となります。緑黄色野菜に多いと言われていますから、色の濃い野菜を積極的にチョイスしたいものです。

たんぱく質は主にレバーなどに入っていますから、一緒に食べるとなおよいでしょう。ビタミンEは血液サラサラ効果がありますから、血液循環がよくなることで栄養を体の隅々まで届けることができます。

そうなると健康な細胞が次々と現れますから、敏感肌から脱却することができる可能性が高くなります。ビタミンEははまちやアーモンドなどナッツ類はじめ、ホウレン草やカボチャなどが多く含まれます。

これらの食材をうまく組み合わせて、肌細胞を元気に生まれ変わらせましょう。

 

TOPへ戻る